親分鮫

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-03-28 利八丸からヤリイカ釣り だめだめだな・・・

久しぶりのヤリイカ釣り。
ど素人と言っていい状態。2回目?
でも、まぁまぁ釣れてるみたいだから行ってみようかと。

今回はどこに行くか決めていなかったので、事前に投入器を自作。
外房だとないところもあるということを聞いたので。

縦樋使わないで、VU管で作った。
全部接着剤でつなげるのはなんだか嫌だったので、樹脂サドルを使って作ってみました。
ただ、若干ずれがでるので、部分的にメルトで固定。まぁ、使うには問題ないんだけど、移動時にずれるの嫌なんで。
底には、硬質スポンジを潰して入れてみた。
角を掛けるマットは、タイルマットで。固めのスポンジだと、厚みも出るし、さっと掛けれないし却下。高さがよくわからないので、両面違う位置に張って、両面使えるようにしてみた。

いざ使ってみると、全く問題なし。
見た目も気に入ってるので、このまま使う予定。



で、今回は勝山の利八丸
またもやはじめての船宿だ。
勝手の分からないとこなので、早めに行って。

港の脇に札が掛かっているので、札を取り待ってみる。
しばらくすると、宿の人がくるので、お金を払って乗り込む。
どのくらいの幅を使ったら良いのかもイマイチわからないので、両脇を見ながら道具を。


初めての竿、投入器なんで、ちょっとドキドキ。
とりあえずはじめてみるが、まぁひどい・・・
角同士がからむは、竿に角が絡んでと、乗りのいい時に限ってやってしまい。
風が強かったにしても、扱いの問題だろうな。早くなれないと。
どうも錘を投げるのがうまくいかないんだな。
右手の指いかれてるからしょうがないけど。投げ方変えよ。

いくらか仕掛けもさばけるようになり、たま~に乗るように。
ただ、なんだか乗りが悪くて。でも、まわりは乗ってたりで。
何回か行かないとだめだな。

結局大して乗らず7杯で終了。。。
鯖の邪魔も大してなかったんだけどねぇ。

いいとこ無しなんで、次回はもう少しがんばるか~

最後に。
お試し期間ということだったが、イカを1ハイだけ生かして持っていけるようにしてくれるということで、、数少ないイカを生かしておいて、持って帰ってきた。
子供はなかなかイカ釣りには連れて行けないので、せめて生きたイカをと。

結局、帰りに自然・事故渋滞を含めて全線渋滞していたので、5時間ほどかかり、うちに帰ってからほかのことをしていたので、8時間くらい入れっぱなしだったが、まだなんとか生きていた。
ただ・・・車のなかであのビニールがやぶれることを考えると、あぁ恐い。
今回は使ってないクーラーに入れてきたからいいけど。

今週末は出れそうもないから、イカの仕掛けでも作るか。お祭り騒ぎで4セット持ってかれたからな・・・
スポンサーサイト

2014-02-23 長井港 栃木丸からヤリイカ釣り~ スソだ・・・

正月からなんだかんだと釣りに行けず。
そろそろ一回行ってみたいヤリイカ釣りでも・・・と思うが、なかなか敷居が高く感じてねぇ。

ということで、釣り教室なるものを乗合船でやってくれるとサイトに書いてある栃木丸へ電話すると、日曜日はたしか教室あいてるよぉ~ということで、お願いすることに。

横須賀長井港 栃木丸
http://www5b.biglobe.ne.jp/~TOCHIGI/

朝は6時半出船だが、はじめてなら早めの5時半くらいに来てね、と言うことだったが、初の釣りもの知らない船宿ということで、期待と不安でろくに寝れず、結局到着したのは朝の2時過ぎ・・・いくらなんでも早すぎた。
寝坊は嫌だったからしょうがないけど。


お店が開いて、すぐに入ってみると、起きぬけのイケメン船長さんやおかみさんがお出迎え。
お茶を頂きながら、時間まで時間を潰す。

今日はすべてレンタルで。
140223_0609~0001

とりあえずは、レンタルの道具でどんな感じなのかやってみたかったから。
ちなみに、歯ブラシやら色々置いてあって、いたせりつくせり。
140223_1401~0001

しかも、教室の2名の枠で行くと、このレンタルの料金は掛からない。
乗り合いの乗船料だけでいいようで。
ということで、仕掛けと錘だけ買って、あとは教えてもらうだけだ。

で、出船。
今日は天気が良くないです。
途中でちょっと雪降ってくるしねぇ。
140223_0648~0001


とりあえず、両隣の方に挨拶を済まし、ポイント到着までわくわくしながら。
到着後船長さんが仕掛けの用意やらをしてくれて、とりあえず投入、誘い、回収のお手本を見せてくれる。
そうそうにお隣さんともお祭りしてしまい、先が思いやられる。

しばらく静かだったが、着底直後のしゃくりでやたらと重さが。
大きいヤリイカだとすぐにわかるな。
他にもマルイカが混じったが、これは・・・アタリがいまいちよくわからない。慣れが必要だな・・・

ちなみに今回は、竿を上までしゃくりあげて、そこで竿先を注視してアタリを取るという感じではじめに教えてもらった。
その後は、船長さんが見ながら、今当たったよ~とか言われながら、すこ~しずつ覚えていった感じ。
140223_1250~0001


でも、アタリを取るよりも、何より苦戦したのが、投入器の扱い。
なんだかうまく糸が収まらなくて。
こんなに入れるところが多いなんて。
140223_0610~0001

ちょっと怖かったのが、腕を振り上げて錘を投げたはずが、腕にイカ角が引っかかりまくって海に落ちていったこと。
素手だったらかなり痛そうだ。血だらけ確定。
困ったことに、この後仕掛けを回収したら、一番下の角がなくなっていた・・・さっきの引っかかったときだよね、たぶん。
しょうがないので、仕掛けを船で買おうと思ったら、切らしてるようで。
なんで、4本で続行。
今日は、慣れるの最優先なんで。


最初に4匹釣れてから、かなりの時間アタリがなく。
いや、アタリに気がついていないだけで。たまに、角にイカの身が・・・

最後の一時間になって、ようやく2つずつ付いていたりして、なんとか9匹までになって終了。
当然、スソ。
でも、頭で18だったそうだから、乗りは悪かったんだろうが。
何回か行ってみたいな、ヤリイカ。このままじゃ終われん。


帰りに船宿によると、あったかいお味噌汁とコーヒー、おやつなどが置いてあり、冷え切った体を暖めながら、ちょっとお話をしながら。
これ持って帰ってねぇ~と、生わかめを。
ありがたく頂きます。

お裾分けをしながら、さっさとうちに帰り、ヤリ、マルを食べてみたが、どちらも美味しかった~
わかめも味噌汁にしたり、茎の部分は煮込んで、なかなかうまかった。


なかなか感じの良い船宿だったので、また行きたいと。
今度の釣行は・・・ヤリイカになりそうだな。

 | ホーム | 

検索フォーム

天気、他

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。